一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

JUGEMテーマ:美容室

 

こんばんは、えくれあです。

 

昨日は久しぶりのオフの日で、今年初の散髪に行ってきました😅

 

私はまだお気に入りの美容院が決まっていないので、毎回ホットペッパーの新規様限定のクーポンを活用しています。

 

 

 

このクーポンがお得すぎるので、ビビッ!とくる美容院と出会わない限り永遠に美容院巡りをしていると思います(^^)/

 

さて、ここで本日のタイトルの内容となるのですが、スタイリスト選択でオーナーを指名することをおススメします。

 

       ↑店長よりもオーナースタイリスト!

 

はてさて何故なのか。個人的な理由は2つあります。

 

 

〃亳海豊富

 

これは比較的容易に想像がついたのではないでしょうか。

 

先ほどの画像を見ていただきましてもわかる通り、スタイリスト歴がずば抜けております。

 

経験が豊富なため、カットやカラーを安心して任せられます。

 

また経験が豊富ということは、比例してその業界の知識も蓄えられているということになります。

 

よって美容についての相談事をした際に、他の店員さんと比べ、的確なアドバイスをいただける可能性が高くなります。

 

また経験が長い分、たくさんのお客様と接してきているため、雑談の幅も広がります。


これはタクシーの運ちゃんなんかでも同じことが言えますね。

 

カット中の雑談については、下記△任發話します。

 

 

 

経営者目線の話が聞ける


髪を整えたり、染めたりしている間、スタイリストと雑談をしますよね?

 

どうせ雑談をするのなら「学生さん?」「休日はなにしてるの?」「てか、LINEやってる?w」みたいな無意味な話ではなく、実用的でためになる話をしたいですよね?

 

しかし雇われのスタイリストさんだと、このような世間話になる確率が圧倒的に高いです。

 

意識の高い話をしようとしても、せいぜい夢を語り語られておしまい。

 

その点オーナーとはその美容院の持ち主、つまり経営者です。

 

現在に至るまでその美容院を存続させ、社員を食わせてきた実績のある方です。

 

美容院の立地、内外装、料金体制、スタイリスト選別etc..を行ったのもすべてその店のオーナーです。

 

そのオーナーを指名し、独立の経緯から宣伝の方法まで根掘り葉掘り聞くことでかなり有益な情報を得られます。

 

例えば今回私は、「初回&平日限定とは言え、通常価格11,340円のカット&カラーを4,980円で提供している理由」について質問しました。

 

回答を箇条書きで大まかにまとめると、

 

・新規さんにまず1度足を運んでもらいたい

 ↑ライバル店と価格設定は同じ水準だが、こだわりがあり技術にも自信がある

 

・土日祝は常連客用に空けておく

 ↑毎日混んでいると常連さんが予約を取りにくい

 

・平日はどうしても予約が入りにくいので"スキマ時間"を活用

 ↑客が入らずスタイリストを遊ばせるくらいなら、格安価格でも来てもらうほうが良い

 

とのことです。

 

ひとつひとつが理にかなっており、とても参考になりました。

 

よくオサレなカフェは食事に雰囲気代が上乗せされるといいますが、私は美容院も雑談を含めてのスタイリスト料金だと思っています。

 

 

もし皆さんが美容院を予約する機会がありましたら、是非一度オーナースタイリストを指名してみてください(^^)/

 

 

↑ホットペッパービューティー


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM